Iontoderma イオントフォレーシス

iontodermaは日本のサイトから購入できる?【購入手順解説】

更新日:

こんにちは、多汗ライターカンタです。

今回は、iontodermaを日本で購入する手順、取り扱いのある通販サイトを紹介します。

僕自身1年前に通販サイトからiontodermaを取り寄せしたので、その手順を解説いたします。

「iontodermaをネット注文したいけど、方法が分からない」といった方はぜひ参考にしてください。

iontodermaは日本のサイトから購入できる?

海外サイトから英語注文での購入になります

結論から言うと、iontodermaは日本のサイトから購入することができない機種となります。

iontodermaはカナダ製のイオントフォレーシス機器でして、購入する際は海外の公式サイトから英語注文で取り寄せることとなります。

他の治療器に比べてリーズナブルな価格設定なので、気になっている方も多いかと思いますが…。英語注文ということで、少々手間がかかりますね(+_+)早速、購入手順を解説していきます!

iontodermaの購入手順

まず、iontodermaの公式サイトへアクセスし、「Buy Now」と記載された赤いボタンをクリックします。

ちなみに、本来は399ドルのiontodermaですが、現在キャンペーン中?で299ドルとなっているようですね(日本円にすると33,000円程度)

 

続いて、住所などの必要事項を入力していきます。ここが全て英語入力となります。

住所については、「JuDress」という英語変換サイトで英語表記を表示できるので、こちらで変換してコピペすると確実ですよ。

 

この後、支払方法の入力でクレジットカード情報を入力します(支払方法はクレジットカードかデビッドカードのどちらかとなります)。

注文が完了したら、入力したメールアドレス宛にこういったメッセージが届きます。

商品到着まで2週間ほどかかります。僕の場合は10日ほどで到着しました。

 

iontodermaの効果や使用感については下記のレビュー記事にてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

iontodermaは本当に手汗に効果がある?【1年使用レビュー】

iontodermaは楽天やAmazonで購入できる?

そんなiontodermaですが、現在楽天やAmazonといった日本の通販サイトでも取り扱いがありません。

ちなみに、これは日本版のAmazonに限らず、海外の「amazon.co」でも同じなので、Amazonとの提携は行っていないようですね。

 

ちなみに、ごく稀にメルカリで出品されることがありますが、中古品にもかかわらず新品購入する場合の値段より高値で売買されているケースが多いです。

皆さんそれだけ英語での注文が不安ということなのかもしれません(>_<)

個人的には「サーリオ」が断然おすすめです

サーリオなら日本の通販サイトから購入可能

ちなみに、僕自身は現在「サーリオ」というドイツ製のイオントフォレーシス機器を愛用しています。

iontodermaよりも制汗効果が高く、現在は週一回10分の治療で手のひら全体の発汗を抑えることができています。

サーリオは日本の通販サイトから日本語で購入できるので、ぜひチェックしてみてください。

購入後に万が一トラブルがあった場合や、返金保証を適用したい場合に日本人のカスタマーとやり取りができるので安心です(^^)

Saalio(サーリオ)公式サイト

 

サーリオの効果や使用感については、下記のレビュー記事にてまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

サーリオは手汗に効果あり?【2ヶ月使ってみた感想・使い方まとめ】

自宅用イオントフォレーシス主要4機器比較

これまでiontodermaを含む下記4つの主要機種を使用しました。

それぞれマニュアルにしたがって一定期間使用したので、参考までに比較表を作ってみました。下記の通りです。

商品画像
商品名称 サーリオ Dermadry iontoderma ドライオニック
用途 手・足・脇 手・足・脇 手・足 手・足
制汗効果
治療時間 10分 20分 20分 30分(片手ずつ)
電極方向 自動変更 自動変更 手動変更 なし
定価 89,800円 約38,000円 約43,000円 約25,000円
消耗部品 なし 電極板、タオル 電極板、パット 電池、フェルト
注文言語 日本語 英語 英語 英語
総合評価

※表が切れている場合は→にスクロールしてください

ぶっちゃけ家庭用イオントフォレーシスはサーリオ一択かなという感じです。長く使ものなので尚更ですね。

そんなサーリオは、わかりやすくいうと、効果も費用も「iontoderma以上、ETS手術未満」といった感じです。

ETS手術ほどの半永久的な効果は得られないにせよ、週1回の治療で効果を持続させることができます。

一点、コストがネックでして、やはりiontodermaとETS手術のちょうど中間ぐらいの支出が必要となります。とはいえ、治療時間が時短でき、制汗効果も桁違いなので、結果的にコスパは一番良かったなと思います。

それから、日本語のアフターサービスが受けられるという点と、30日間の返金保証が付いている点でも安心して購入できましたね。

まとめ:iontodermaは日本で購入できるけど…

というわけで、iontodermaは日本から購入することができますが、海外サイトでの英語注文が必要となります。

また、英語がわからない場合は、アフターサービスや返金保証もほとんどあってないようなものなので、ちょっと不安ですよね…。発送トラブルなんかが起きたら結構面倒かもです。

そうした安全面も含めて、効果、使いやすさともに良心的なサーリオの購入も検討されてみてはいかがでしょうか。

Saalio(サーリオ)公式サイト

サーリオ(saalio)の使い方解説【手足汗に効果が出るまでの流れ】

-Iontoderma, イオントフォレーシス

Copyright© 多汗ライターの脱手汗ブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.